So-net無料ブログ作成
検索選択

「SDGsを自分ごとに」国谷裕子さん、国連本部で

スポンサーリンク




 世界各国の首脳やビジネスリーダーがニューヨークに集結、SDGsについて議論を重ねている。SDGsとは、国連の持続可能な開発目標(SDGs=Sustainable Development Goals)のこと。格差や貧困、気候変動など、グローバル化に伴う問題について17分野の目標を定めたもので、2030年が達成期限となっている。

【写真】SDGs報道について議論をしたパネリスト右からキャスターの国谷裕子さん、国連広報局長のアリソン・スメイルさん、アルジャジーラ国連担当のロシランド・ジョーダンさん、NBCニュースのリチャード・ルイさん国谷さんの隣

 国連総会開催中で、各国首脳による演説が続く国連本部では、ゲストを招いて取り組みと論点を聞く「メディアゾーン」が設けられている。キャンペーン「2030 SDGsで変える」を展開する朝日新聞も招かれ、ナビゲーター役のキャスター、国谷裕子さんが世界目標を「自分ごと化」する必要性を強調した。また、政治とビジネス双方のリーダーが参加する世界経済フォーラムでは、「SDGsサミット」を初めて開催。官民の連携や、投資やイノベーションを創出する方策が話し合われた。アミーナ・モハメッド国連副事務総長は、教育の質の転換と、若者の参加を促すためのプロジェクトづくりを提案した。(北郷美由紀)
(この記事は社会(朝日新聞デジタル)から引用させて頂きました)












nice!(0)